収入こそ、キャッシングの融資額を決める重要項目

キャッシングの申し込みをする際に気になるのが「審査に通るのか?」という根本的な部分と、審査に通った後に「どれくらいのお金を借りられるのか?」という実用的な部分の二つがあります。

 

審査に通らないと意味がないのは当然ですが、借りるお金が少ないと、それも困ってしまいます。そうした事態を避けるためにも、キャッシングの申し込みではどのように融資枠が決まっていくかを知っておくことがとても大切です。

 

収入の額によって変わる融資枠

キャッシングの審査の前に入力する書類には、年収を記載する欄があります。今はネットでの申し込みが主流になりましたから、数字を入力するわけですが、この額が融資枠を決める基準となります。

 

虚偽の記載はしてはいけません

ここで注意をしておきたいのは、審査で自分をよく見せたいという思いで本当に得ている収入額よりも高い金額を書いてしまうことです。これは、のちに提出することになる収入証明書類でバレてしまうため、本当の金額を入力することが大切です。

 

これで審査に落ちてしまった場合には、自分の収入とキャッシング会社が提供しようとしている融資額に差がありすぎたということです。これは、何をどうしても変わることがありませんから、気持ちを切り替えて他のキャッシング会社を探すようにしましょう。

 

自分の収入に合ったキャッシング会社がある

一つの会社の審査に落ちたからと言って、それほど心配することはありません。前述のとおり、会社ごとに基準が決まっていますから、その収入をクリアできているかどうかで、キャッシング会社の融資を受けられるかどうかが決まります。

 

そのため、申し込みをする会社を変更すれば、基準も変わっていくため自分の収入で融資が受けられる会社を見つけるという視点で、申し込みをしていくと良いでしょう。

 

過去に遅延がないことがとても重要

審査は収入の額が重要という話は当然のことですが、お金の返済が遅れてしまった経験をするとどんなに収入が高くてもキャッシングの利用を断られる可能性が出てきます。これがキャッシングの審査で重要な返済遅延の有無です。

1回くらいは大丈夫。常習になると注意

キャッシングの返済に慣れていない初心者の方の場合には、どうしても返済をする引き落とし口座にお金を入れ忘れてしまうというミスをしがちです。このことはキャッシング会社も承知していますので、1回遅延をしたからといって落ち込む必要はありません。

 

しかしながら、これが積み重なっていくと最終的には融資のストップなどの措置が取られる可能性が出てきます。意図して遅延したつもりはないのに、お金が借りられなくなるというのは非常に大きな痛手ですから、引き落としの期日の前には必ず口座にお金を入れるように習慣化しておきましょう。

 

その会社以外にも影響が出てきます

キャッシングの返済遅延は、お金を借りている会社だけの問題ではありません。この遅延情報というのは、他のキャッシング会社も共有していますから、一つの会社で何度も遅延を繰り返していると、新しくキャッシング会社に申し込もうとしても断れてしまいます。

 

一つの会社で融資がストップされても、他の会社に乗り換えたらいいと思っていてはいけません。借りたら返すという借金の基本を忠実に守りながらキャッシングを利用するようにしましょう。

 

10万円程度の融資であれば、収入額はそれほど高くなくてOK

キャッシングでは収入がそれほど高くない方でも10万円程度の融資枠はキャッシング会社が用意してくれます。これは、アルバイトなどの収入が手取りで10万円台の方でも、毎月リボ払いをしていけば返済が何とかできるという考え方で設定されています。

 

もし、10万円が少ないと思ったら複数の会社を掛け持ち

お金が本当に必要な時には10万円だけでは収まらない時があります。しかし、融資枠は一つの会社で決まっていますから、それ以上は借りることができません。そんな時には、新たに他の会社で申し込みをすると良いでしょう。

 

そうすることで、2社で20万円の融資枠が発生することになります。このように複数のキャッシング会社を掛け持ちすることによって、自分が希望する融資の金額に近づけることが可能です。

 

その代わり、返済は厳しくなるので注意

しかしながら、複数の会社を同時に利用すると、返済する毎月の額が高くなってしまいます。リボ払いで返済をする場合にを考えてみると、1社1万円として、借りている会社の数が乗算されるため、会社の数を考えておかないと、返済日にお金が工面できないという結果になってしまいます。

 

ですから、一番いいのは収入が上がっていくにつれて、使っているキャッシング会社の数を減らしていくのが理想的です。収入が高くなれば借りられる限度額も上がっていきますから、複数の会社を掛け持ちする必要がなくなるわけです。このようにして、自分の収入の額に合ったキャッシングの使い方を駆使することによって、楽にお金を借りることができるようになります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日