消費者金融の方が通りやすい!

似たようなキャッシングサービスを提供している銀行と消費者金融ですが、申し込みをした際の審査の通過率は消費者金融の方が約2倍だという結果が出ています。これは金融業界のきちんとしたデータを元に算出された数字なので、確かな情報です。

 

銀行でカードローンを申し込んだ場合の審査の通過率は約2〜3割で、消費者金融では約4〜5割となっています。この数字から、消費者金融の方が審査に約2倍通過しやすくなっていると言えます。

 

専業主婦なら銀行のカードローンを

全体で考えた場合、消費者金融の方が審査に通りやすくなっているのは事実ですが、本人に収入がない専業主婦の場合、消費者金融を利用することは原則的にできません。これは消費者金融には総量規制という決まりが適用されるので、無収入の人には貸し出しを行えないからです。

 

銀行からの融資にはこの総量規制が適用されない為、収入がない専業主婦でも融資を受けることができます。通常のカードローンの審査では消費者金融より厳しいことが多い銀行ですが、専業主婦に対しての審査はかなり緩いと言えます。消費者金融では専業主婦に対する融資の場合、まず総量規制によって必ず配偶者の同意書を求めます。それがない限り融資が下りることはありませんが、銀行ではそれが適用されないこともあり、同意書は不要のことがほとんどです。

 

契約の際に必要になるものは、基本的に自身の身分証明書だけです。これは運転免許証や健康保険証で大丈夫です。またその銀行に口座を持っていることが条件の場合もありますが、その時に同時に開設することができるので、特に問題にはなりません。

 

専業主婦の場合は職場への在籍確認の電話といったものは当然行われません。申し込み時に夫の勤務先を記入することを求められる場合もありますが、確認の電話をするようなことはありません。最近ではこの夫の勤務先は不要で、おおよその年収の記入だけで大丈夫な銀行が増えています。このように専業主婦の人は銀行のカードローンを利用しましょう。

 

学生の場合は消費者金融を

学生の場合、銀行のカードローンの利用はまずできません。親の同意書があれば利用できる銀行もありますが、両親には秘密にして融資を受けたいと思っている人も多いと思います。消費者金融であれば、本人にきちんと収入がある場合、一般の人と同じように融資を受けることが可能です。

 

限度額は社会人と比べて低く抑えられてしまいますが、アルバイトなどで収入があることを証明できれば問題なく融資を受けることができます。ですが学生のアルバイトの場合、勤務期間が短いことが多いと思います。消費者金融では半年はその職場に勤務していないと勤務実績と判断してくれないことも多いので、契約時になるべく多くのバイト先よりもらった給与明細表を提出しましょう。直近の3ヶ月分があれば、融資が下りる可能性が高くなります。

 

学生の場合、年収額に関わらず最初の限度額は10万円に設定されることが多いです。これは消費者金融としては最低の限度額設定です。社会人と比べてどうしても返済能力を不安視される為、これは仕方がありません。限度額は利用状況によって増額が可能になる場合もありますが、学生の場合はあまり期待しない方がいいです。最初に決められた限度額までの中で利用することになります。また学生は、20歳以上であることが条件です。未成年はキャッシングサービスの利用はできません。

 

年金生活者の場合は?

年金だけの収入の場合、まず年齢によって融資を受けることができない場合があります。銀行や消費者金融によっても異なりますが、銀行のカードローンでは原則65歳まで、消費者金融では69歳までのところが多くなっています。申し込みをする銀行や消費者金融によって多少前後しますので、申し込みの前に確認をしておきましょう。

 

また年齢的には消費者金融の方が幅をもたせていますが、銀行の場合は年金の収入だけで融資を受けることが可能なのに対して、消費者金融では原則的に年金以外の収入を求められます。ですが中には年金収入だけで融資を受けられる消費者金融も存在しますので、これも事前に確認をしておく必要があります。

 

銀行は収入が年金だけでも融資を行いますが、これにはカラクリがあり、融資の条件として年金の受け取り口座をその銀行にすることを求められるからです。これによって、いざとなった場合は年金が振り込まれるのと同時に抑えることが可能になります。これができるので、消費者金融とは違って年金だけで融資を行えるのです。

 

この為、年金生活者の場合は銀行の方が融資を受けやすいと言えます。ですが年齢制限がありますので、一概には言えないかも知れません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日