WEB明細は一般的になりつつある

カードローンを利用すると、必ず利用明細が発行されるのですが、これはその場で発行されるのではなく、発行された利用明細書が後日に発送される仕組みになっています。つまり、自宅にいる家族が、郵送されてきた利用明細を発見すると、自分が家族に知られないようにキャッシングを利用していたことが簡単に明るみにでてしまいます。もしも家族にバレたくないのであれば、この郵送のシステムは止めて頂きたいですよね。

 

郵送を止めるのは実は非常に簡単です。それは「WEB明細」で受け取るように設定すればいいだけです。キャッシングのネットでの申し込みが一般化し、このWEB明細までも現在では一般化しています。大手金融会社、銀行の殆ども採用しています。しかも審査に通った段階でも簡単に、すぐに変更可能ですので、もしも大手金融会社や銀行での借入を利用する場合にはこのWEB明細を利用することはオススメです。

 

WEB明細に設定を変更する

WEBで申込みをしたとしても、始めからWEB明細利用を設定している会社はほとんどありません。ですので、殆どのWEBページでは、設定し直す必要があります。

 

基本的には会員ページの設定画面にあるはずですので、必ずチェックしておきましょう。基本的に設定画面はとても簡単に利用できるようになっているので、パソコンが苦手な方でも、指示通り行えば本当にあっというまに設定変更が可能です。

 

利用明細はどのようなタイミングで送られるのか

 

基本的に借入、返済後

利用明細は基本的には借入、返済後に送られてくるのですが、利用するATMによって同業者でも送られる場合と送られない場合が存在するのです。特にコンビニATMの利用ではそれが顕著です。その場利用で発行される場合と、郵送されると言う風にコンビニごとに違います。

 

同じ業者、コンビニで違う場合も

例えば、ローソンですとATMとLoppiでの利用が可能なのですが、前者では発行されず、後者では発行されないといった違いが存在する場合があります。これだと非常に厄介で、利用するときにどちらがどっちで、といちいち確認するのも面倒でしょう。そのため、始めからWEB明細にしておくことをオススメします。最初から設定しておけば、どちらの場合でもWEBの方に明細が記載されるので、気にする必要が一切ありません。

 

利用明細の封筒も工夫されている

一応、業者の方でも家族にバレてしまうような可能性を考慮して、対策を取ってくれています。郵送される利用明細書を封入する封筒でも、差出人が金融会社だと知られないように別の名称で書かれています。しかし、封筒を見てすぐに気付かれてしまう場合もあります。

 

まず、そのように名前を変更していることそのものがある程度は知られているので、見覚えも聞き覚えもない名称の所から郵送されてきたものについては、詐欺かキャッシング会社なのではないか、とある程度目星を付けることがかのうです。また、アコムの場合は必ず「ACセンター」と記載されているので、分かる人には分かってしまいます。

 

アリコは「ACマスターカード」という自社のクレジットカードがあり、そのため、AC=アリコという認識ができる人がいれば、名前を見ただけでもすぐにハッとしてしまいます。以上のことからも郵送をする場合には必ずリスクを孕んでしまいます。それらのリスクを除外するためにも、郵送されることそのものを避けることが重要なのです。つまり、WEB明細の利用がオススメだと言うことです。

 

プロミスの場合、30日利息無しの利用も可能

また、プロミスを利用しており、WEB明細を設定すると、30日間利息ゼロでの利用も可能になります。プロミスはそれ自体を利息ゼロのサービスの利用の条件に挙げているのです。利息ゼロで利用できるのであれば、かなりお得だと言うことはよく理解できるでしょう。これは登録しておいた方がいいですね。

 

そのこともあり、プロミスの新規利用者の中ではWEB明細を利用している人はたくさんいます。ある程度若い人でしたら、パソコンやスマホで簡単に登録もできます。以上からプロミスを利用すると、自然とWEB明細を利用するようにもなりますし、そのような点では家族バレの心配が最も低い金融会社だと言えるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日