親展のハガキがたくさん来ると怪しまれるかも?

キャッシング、というとサラリーマンなど社会人しか使えないものだと考えがちですが、実際のところ、学生でも利用はできます。もちろん、貸す側は返済してもらわなければならないので、収入がないのなら話になりませんが、アルバイトでちゃんと定期的な収入を得ているならキャッシングもできます。

 

ただ、限度額は収入の額と安定性に比例するので、たくさんは借りられないというつもりでいなければならないですが。ところで、親に内緒でキャッシングを利用したい場合、そういうことが可能なのでしょうか。キャッシングの審査を受ける場合、貸す側は電話確認が欠かせません。ただし携帯電話にしておけば、携帯電話にかかってくるので安心です。

 

実家暮らしでキャッシング利用はバレる可能性もあり得る

一人暮らしをしているなら郵便物もその家に届きますから、やはり安心です。しかし実家で暮らしている場合はどうしたらいいでしょう。ローンカードの配達や、契約書など、郵便物が欠かせません。もちろん、これはカードローンの郵便物ですよ!とはっきり書いてあるわけではないですし、親展です。普通に考えたら実家であっても勝手に開けたらいけませんし、親に知られることはありません。

 

ないのですが、学生相手に親展で何度も郵便物が届くというのはそうそうないことです。なにかあるとすれば公共機関のものや、あとは金融機関でしょう。親としては、もしかして子どもが金融機関で借金をしているのではないか、といった良くない想像をすることもあります。いくら親展であっても、とんでもない状況に追い込まれている可能性を考えてしまって親が開封する可能性もあり、そこで明らかになってしまう可能性は残されます。

 

それでも必ずバレるわけではないです。バレる確率を下げるため、返済が滞って返済を促すために郵便が多くなってバレる、ということがないよう、ちゃんと返済をしていれば郵便の回数を減らせて良いでしょう。と思ったのに、郵便が増えることもあります。

 

なぜかというと、借りて、返して、ということをきちんと繰り返していると、貸す側としては、この客は信用できる、よし、限度額を増やしましょう!などと誘いが来るようになるのです。金融機関に頼めば勧誘は収まりますが、それをしないと、親が不審に思ってバレる、ということになりやすいのです。

 

こうした勧誘は、中小企業で、より業績を上げるのに必死な企業に多いので、親にバレたくない場合、金融機関選びをするときには、金利や限度額だけでなく、こうした郵便事情も加味して考える必要があります。比較的、大手が安心して利用できることが多いです。

 

大手の会社なら全てWeb経由で済ませられる

また大手や一部企業の中には、最初から、契約関係はすべてWebで終わるところもあります。そもそも郵便物を送らないのです。といってもカードはどうするのか?と思うかもしれませんが、これも自動契約機で発行できます。すべて郵便、宅配便を経由しないのです。

 

ただ、Webで契約をしようにも、パソコンが家族で共用の場合は、なにかのきっかけで履歴から利用を知られてしまうかもしれません。いろいろなところに親バレの可能性は潜んでいるのです。しかしスマホで契約ができる企業も増えています。ということで、Webで契約が完結でき、スマホでOK、という企業を選ぶようにすると、親にバレるきっかけがほとんどなくなります。

 

あとは返済をきちんと計画通りにこなすことを忘れずにいれば、誰にも迷惑をかけず、心配もかけず、安心してキャッシングを利用することができます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日