銀行の基準は年収200万円以上?

銀行のカードローン審査では、おおむね年収200万円が収入額のボーダーラインだと言われています。以前はオリックス銀行のように、申し込み時に年収200万円が条件だと明記していた銀行があります。

 

今ではこのように具体的な額を明記している銀行はありませんが、今でも銀行ではこの200万円を1つのラインとしているのは間違いないでしょう。

 

フリーター・アルバイトにおすすめなキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

どうして銀行では年収200万円がボーダーラインなの?

これは年収額が200万円ある場合、安定した職に就いていると判断できるからです。特にアルバイトの場合はこれ以下の年収の場合、その仕事をあまり長く続けていない可能性が高いです。そういった場合は安定して収入を得ているとは言い難く、返済の心配がありますので融資は難しくなります。

 

また会社員や派遣社員はほとんどの場合、この200万円は超えていると思いますので、年収額をそれほど気にする必要はありません。勤務を始めてから間もない場合はそれを問題視されることもありますが、会社員や契約社員として1年以上勤務をしていれば、まず問題にはなりません。

 

会社員で年収200万円に満たない場合

ですが中には年収200万円に満たない会社員もいると思います。OLの場合、男性と比べて若干その傾向が高いかも知れません。このような場合、本人よりも会社の方に問題があると判断されます。極端な話ですが、そのような会社はいつ倒産してしまうか分かりません。

 

勤務先が倒産してしまっては返済が滞ってしまう可能性が高くなりますので、そのような危険があると判断された場合、会社員やOLの場合でも融資が難しくなることがあります。これは本人の問題ではないので、どうしようもありません。

 

フリーターでも年収200万円があれば融資を受けられます

フリーターがアルバイトで年収200万円を稼ぐということは、まずその職場に長く勤務している必要があります。長く勤務していると、アルバイト先でもリーダーなどのそれなりの立場になっていることが多いと思います。

 

このような人はそう簡単にはクビになりませんし、下手な会社員より仕事ができることもよくありますので、収入が安定していると判断できます。この200万円がボーラーダインとされているのは、このように職種を問わずに長く勤務している、職場が安定しているという目安になる為です。

 

消費者金融ではそこまでない場合でも大丈夫

このように銀行のカードローンの契約では年収200万円が1つのラインと言えますが、消費者金融ではそこまで年収がない場合でも借り入れが可能です。

 

信用次第で限度額が変わります

消費者金融では限度額に段階を設けています。その最低額が10万円です。この10万円であれば、100万円以下の年収の場合でも審査に通る可能性が高いです。総量規制という規定があり、消費者金融にはこれが適用されます。この規定によって年収の1/3を超える額の借り入れはできませんので、最高でも年収額の1/3までの限度額になります。年収が150万円あれば、50万円の借り入れを行うことも可能です。

 

限度額が10万円と判断された場合

これは消費者金融だけの話ではなく、銀行でも10万円までの希望であれば年収が200万円に満たない場合でも融資を受けられる可能性があります。この場合の限度額も10万円に設定されます。この10万円とは、キャッシングの契約の際の最低基準です。逆に言うと、この限度額に設定して審査を行って通らなかった場合、申し込みの際に記入した年収以外のどこかの要素に問題があると言えます。

 

また10万円と設定された場合、言ってしまうと最低の信用しかないという訳です。収入面だけでなく、信用情報にも何かしらの問題がある可能性が高いです。過去に返済の遅延があった場合などがそれに当たります。この信用情報は5年間は保持されますので、10万円の希望でも通らなかった場合、それを見直してみてください。

 

アコムでは、職場への在籍確認がとれるまではこの限度額が10万円の仮契約の状態になります。要するにキャッシング会社は、10万円までなら万が一貸し倒れになっても構わないと判断している訳です。
ですので限度額が10万円の間は信用されているとは言い難い状態ですが、きちんと返済を行って実績を重ねることで、この限度額は増額されることがあります。

 

銀行の年収以外の審査基準

銀行では年収以外の面では消費者金融とあまり変わらない基準で審査を行っていますが、消費者金融より金利が低く設定されているということもあり、消費者金融と比べた場合、やはり少し厳しいと思ってください。審査の時間も消費者金融より長く、申し込みをしたその日のうちに終わらないことも珍しくありません。

 

また消費者金融では本人に収入がない場合は借り入れを行うことはできませんが、銀行では専業主婦でも借り入れを行うことが可能です。この場合、夫の同意書も必要なく、また限度額も30万円に設定されることが多いです。

 

本人にある程度の収入がある場合は消費者金融の方が融資を受けられやすいと言えますが、逆に無収入の専業主婦の場合は銀行でないと融資を受けることは不可能です。このように、消費者金融と銀行は収入の額や立場によって使い分けることが大切だと言えると思います。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日